施術案内メイン画像

スポーツ障害治療

後遺症や障害が残る前にスポーツ障害治療

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあります。
スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等

スポーツ障害の治療はRICE処置を施します

スポーツ障害を治す基本はRICEです。
これはRest(休息)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)の頭文字を取ったものです。

休息(Rest)患部を包帯などで固定し、安静にさせます。
冷却(Ice)患部を氷嚢などでアイシングし、組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。
圧迫(Compression)患部を包帯やサポーター等で圧迫し、内出血や腫れを抑えます。
挙上(Elevation)患部を心臓より高く上げ、リンパの流れをよくして腫れを抑えます。

ほとんどのスポーツ障害の治療には、このRICEが適用されます。
特殊電圧治療器や微弱電流治療器は、プロ選手に施される最新施術であり、一般の方もこれと同様の施術が受けられます。 大豊整骨院は、スポーツに詳しいスタッフが在籍しており、他院から転院してくる方も少なくありません。 間違った施術を受けると、復帰までに長期を要するようになります。 患部の冷却・圧迫のあとは、状況に応じて挙上を行い、腫れを解消させていきます。 スポーツ障害が起こった部位は、血液とリンパ液が溜まりやすいため、それらの流れを促進するために心臓よりも患部を上にあげる必要があるのです。 スポーツ障害による痛み・ケガは、日常生活で起こる頭痛、肩こり、腰痛とは異なる施術が必要となります。 知識と技術力の差が出やすい分野であるため、スポーツの専門家を抱える大豊整骨院で施術を受けることをおすすめします。

大豊整骨院では「早期復帰」を念頭に施術を行っています。

・患者様の競技に合わせたテーピング
・どうしても試合に出たい人の為のテーピング
・ケガをし治療後のリハビリ
・アイシングと固定をしっかりと行っています

お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ画像
Copyright © 2015 taihou seikotsuin All Rights Reserved.