施術案内メイン画像

交通事故治療

交通事故治療画像 むち打ち画像

交通事故のケガや後遺症でお困りの方へ

交通事故によるむち打ちなどの体の痛みは、
なかなか取れません。

・事故の際の「受診手続き」は当院でサポートいたします。
・今通院している病院に行く時間がないので、当院に転院を考えている。
・自損事故を起こしてしまい、痛みを何とかしたい。
・事故後何日か経過してから痛みが出てきた。

交通事故の被害者は、自賠責保険を利用できます。

治療費は自賠責保険や任意保険を使っての治療となりますので実質の個人負担金は「0円」です。

むち打ち画像2

もし万が一事故に遭った場合は

1.相手の住所、氏名、連絡先を聞き、必ず警察を呼びましょう。
2.当院において、診断書を発行します。(※1)
3.当院で発行した診断書を警察に提出していただきます。(※2)

※1警察署に診断書を提出しなければ、自賠責保険が使えません
※2後遺症認定を受けない場合のみ対応

自賠責保険に関するご不明な点がございましたら、大豊整骨院へお気軽にご相談下さい。
大豊整骨院では、自賠責保険を専門とする柔道整復師が対応します。

自賠責保険・任意保険適用で負担金0円

労災保険治療

労災保険制度は、労働者が業務上の事由または通勤によって、負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族に対して必要な給付を行う制度です。
治療費は労災保険を使っての治療となりますので実質の個人負担金は「0円」です。

業務災害とは… 労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡をいいます。
業務災害と認められるには、下記の記述が必要です。
①業務遂行性(事業主の指揮命令下で仕事をしていたこと)
②業務起因性(事業主の指揮命令下にあることに伴う危険が現実化したこと、
       あるいは業務と災害との間に相当因果関係が認められること)
通勤災害とは… 通勤によって被った負傷、疾病、障害または死亡を言います。
通勤災害と認められるためには、就業に関し、
㋐住居と就業の場所との間の住複
㋑就業場所から他の就業の場所への移動
㋒単身赴任先住居と帰省先住居との間の移動を
合理的な経路及び方法により行う途上で災害を被った場合であることが必要です。(業務の性質を有するものは除きます)
移動の経路を逸脱したり、または中断すると、原則として通勤災害にはなりません。
労災保険適用で負担金0円
お問い合わせ画像
Copyright © 2015 taihou seikotsuin All Rights Reserved.